男性 男性
  1. ホーム
  2. 食事の影響を受けやすい

食事の影響を受けやすい

医薬品

食事制限をすることで効果を向上

レビトラは発売された順番から、第二のED治療薬として知られている有名な薬です。レビトラを服用する際は、気をつけなければいけないことがあります。それは、食事の影響を受けやすいということです。食事の影響を受けやすいので、服用する際は食事を取らないことがベターだといえるでしょう。胃に何も入っていない空っぽの状態で、レビトラを使用するのが望ましいとされています。満腹時には作用時間と効力に大きな差が生まれるのです。胃の中が空っぽの状態だと、レビトラに含まれている成分が吸収されやすくなるといわれています。よって、食事をすると、作用時間も効力にも差が出てくるのです。ですから、女性との性行為に至る際は、食事を取らないようにして、胃を空っぽの状態で維持しておくようにしましょう。作用時間は、約3時間から4時間だとされています。

レビトラを使った際に起きる副作用

レビトラは福岡のクリニックで処方してもらうことができます。このED治療薬を使用する際は、福岡にあるクリニックの医師のいうことを守り使用するようにしましょう。福岡の人たちも、医師の指導の元、服用方法はちゃんと守って使用するようにしています。ちなみに、レビトラを使用すると、頭痛や吐き気、めまいなどの副作用を引き起こすことがあります。この副作用は、他のED薬でも確認されているので、使用方法を守ることは大切です。ですからもし、副作用を引き起こしてしまうようであれば、一度福岡のクリニックへ行き症状を診てもらうと良いでしょう。そうすることで、医師が適切な処置をしてくれます。